ラオスに暮らす少数民族 / Minorities living in Laos


ラオス国内の民族は下記の3つの分類に分けられています。

低地ラオ族(ラオ・ルーム、国民の約7割)

中地ラオ族(ラオ・トゥン、国民の約2割)→約32の民族が含む。最多カム族(61万人)~最少クリー族(500人未満)

高地ラオ族(ラオ・スーン、国民の約1割)→モン族、ヤオ族など。

 

少数民族の人々は民族の言葉を持っています。以前に比べると共通語であるラオス語を話せる人が増えてきましたが、田舎のほうでは両親は民族の言葉だけ、子どもは学校でラオス語を学ぶというケースも多くあります。ラオス語の教育の普及が急務である一方で、民族の文化継承が難しくなってきています(ラオス国内ではラオス語以外での出版ができないそうで、各民族の文化伝承を民族語で残す作業が進んでいません)。


少数民族の人々とどう寄り添うか / How to support them


少数民族の女性たちにとって、「いま必要なこと」は大きく2つあります。

 

①教育を受ける 

ラオス語の読み書きができること、生活に必要な計算や情報を知ること、勉学が得意な子たちに高等教育を受けるチャンスを与え当事者リーダーを育成していくこと

教育を受ける事ができれば、村や民族の暮らしを守り自立して生きていける可能性が高まります。

特に女の子は中等教育以降、学校を辞める子が増える傾向にあります(早すぎる結婚、家庭での家事労働負担、女性への教育の不理解など)。教育を希望した子たちにチャンスを与えられるようSWHは活動していきます。

 

②手に職をつける

教育を受けても、すべての人が職にたどり着けるわけではありません。少数民族の人々は山村僻地の環境の厳しい所に暮らしていることが多く、農業では食べていけないこともしばしばです。女性たちが希望することは、仕事を得て家族が食べていけるようにしたい。自分の子どもたちに教育を受けさせたい。家族が病気になったときに病院へ連れていきたい。小さな願いかもしれませんが、とても大事なことです。彼女たちがラオス国内で仕事を得ていけるよう、サポートしてきます。

 

For women of ethnic minorities, there are two essential things now.
① receive education
To be able to read and write in Laos, to know the calculations and information necessary for life, to give children who are good at studying opportunities to receive higher education and nurture the leader of parties
If they can receive education, the chances of protecting the lives of villagers and living independently can increase.
Especially girls tend  to quit school after secondary education (premature marriage, domestic task at home, unfamiliar with education for women, etc). SWH will work to give opportunities to children who wanted education.
②Get a job
Even if they receive education, not everyone can get a job. People of ethnic minorities often live in harsh environments of the mountain village remote areas and often do not eat in agriculture. What women want is to get work and make it possible for families to eat. They want to give education for their
 children. They want to take to the hospital when family becomes sick. It may be a small wish, but it is very important. We will support them so that they can get jobs in Laos.

Khmu, Akha, Hmong, Lahu


カム族・Khmu

ラオス北部を中心に居住しています。モン・クメール語族系の民族です。北部ラオスでは、ラオ・トゥン(中地ラオ族)のほとんどがカム族です。タイにもカム族分布、雲南省では、クム人として暮らしています。 私たちはカム族の女性たちに職業訓練支援を行っています。→カム族について詳しくは こちら をご覧ください。

 

They live mainly in northern Laos. It is an ethnic group of the Mon Khmer language group. In northern Laos, most of the Lao Tung  are Khmu. They live in   Thailand, in Yunnan province, too. We are providing vocational training support to women of Khmu. → For more information on Khmu, please click here.

 

    

アカ族・Akha

雲南省のハニ族に近いルーツを持つアカ族は、タイ、ミャンマー、ラオス、中国(ハニ族系)の山岳地帯に居住。祖先崇拝と精霊信仰を行い、 コインや丸い金属をあしらった女性の頭飾りに特徴があります。伝統は口承で伝えられます。 アカ族について詳しくは こちら をご覧ください。

 

 

Akha who have roots close to Hani in Yunnan. They  live in mountainous areas of Thailand, Myanmar, Laos, China (Hani). There is a characteristic in the headdress of a woman with coins and round metal.They  performed ancestor worship and spiritual belief. Tradition is conveyed by oral tradition. For more information about Aka, please click  here.

 

モン族・Hmong

ラオスには約45万人のモン族が暮らしています。中国から移動してきたといわれている民族で、ラオ・スーン(高地ラオ族)に属しています。精霊信仰を持ち、儀式も独特な彼らですが、特に女性の暮らしや権利について難しい面もあります。SWHはモン族女性の国内での就業をサポートしています。 モン族については こちら をご覧ください。

 

About 450,000 people living in Laos live in Laos. Ethnicity  have moved from China, belongs to Lao Sun. They have spiritual beliefs and rituals are unique. They have difficult , especially of women's lives and rights. SWH supports the work of domestic women in Mong Women.Click Here

 

             ラフ族・Lahu

 

                         coming soon