女性障がい者支援 Support for Disabled Women

障がい女性の生活環境を整え、進学や職業訓練のサポートし、当事者リーダーを育成していくPJです。

生活環境のサポート

カム&障がい者センターには手足の障がいを抱えた女性が暮らしています。新たに訓練生として入学してくる女性たちも含めて、共同生活の場では必要な物品や設備が不足しています。Women with a variety of disabilities such as disabled hands and feet, etc. lives in the Center. Including women newly entering as trainees, the necessary items and facilities are lacking in the community life.

ニャイさん 14歳。カムアンのターカボン村の出身です。父親は居ません。7人兄弟の6番目です。学校は小学校2年生まで行きました。ある日、木の実を食べたいと思って兄弟たちと木に登り、落ちて、腰から下に障がいが残りました。彼女が長く病院に滞在できるかどうかは分からず、生活の貧しい家族のもとに帰ることは現実的ではありません。彼女は学校に通いたいけれど・・・それはおそらく難しい。読み書き、計算を学んだうえで職業訓練を受けることが彼女の未来を作ります。先生に週に1回でも病院に通って指導をしてもらえないか、打診してみようと思います。※なかなか笑ってくれない彼女を笑わせることに集中

団体への支援

ラオス・ネパールにはそれぞれ当事者で作られた活動団体があります。いずれも組織の基盤がまだ脆弱であることが多く、支援を必要としています。団体がより強くなっていくためのサポートを行っていきます。There are organizations organized by people with disabilities in Laos and Nepal. In many cases the foundation of the organization is still vulnerable and we need assistance. We will provide support for the organization to become stronger.

ラオス女性障がい者センターのショールームの屋根の修理工事を行いました。2年にわたり続いていた雨漏りを改善することができました。ご支援下さり有難うございます。

個人への支援

障がいがあることで通学が難しい、仕事に就くことが難しいなど、ここが抱える問題は様々です。一人一人に寄り添い、必要な支援を行っていきます。Problems with this are various such as difficult to go to school because of a disability, difficulty in taking a job. We will provide necessary assistance to that person.

女性障がい者開発センター。障がい者同士で結婚し子どもを持つ母親ふたり。小さな土地を買って二世帯で暮らしたいと頑張っています。家づくりの役に立てて欲しいと寄付を持っていきました。子どもに後ろめたい気持ちを持たないで欲しい、家や家族をもちごく普通の幸せを感じて欲しい、誰もがリーダーになる訳ではなくこうして当たり前の暮らしをする当事者としてお手本になってほしい。
泣き出してしまった彼女たち。これまでも十分に頑張ってきました。苦労を知っている2人だからこそ、これから先もっと大変な人が困った人が目の前に現れた時、助けられる人でいてね。と願いを込めて。